スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←反比例 →春風
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png BLゲーム
もくじ  3kaku_s_L.png 学園ヘヴン
もくじ  3kaku_s_L.png 和希×啓太
もくじ  3kaku_s_L.png 七条×啓太
もくじ  3kaku_s_L.png 西園寺×啓太
もくじ  3kaku_s_L.png Lamento
もくじ  3kaku_s_L.png ライ×コノエ
もくじ  3kaku_s_L.png 悪魔×コノエ
もくじ  3kaku_s_L.png 乙女ゲーム
もくじ  3kaku_s_L.png いざ出陣!恋戦
もくじ  3kaku_s_L.png 伊達政宗
もくじ  3kaku_s_L.png 薄桜鬼
もくじ  3kaku_s_L.png 風間千景×千鶴
もくじ  3kaku_s_L.png 拓磨×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 真弘×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 祐一×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 大蛇×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 翡翠の雫
もくじ  3kaku_s_L.png 晶×珠洲
もくじ  3kaku_s_L.png 克彦×珠洲
もくじ  3kaku_s_L.png 陸×珠洲
もくじ  3kaku_s_L.png 亮司×珠洲
もくじ  3kaku_s_L.png 御子柴×珠洲
もくじ  3kaku_s_L.png 友雅×あかね
もくじ  3kaku_s_L.png 柊×千尋
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png アニメ
【反比例】へ  【春風】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

伊達政宗

想い疉

 ←反比例 →春風
こんばんは~今日も恋戦更新ですよw

やっとという感じでしょうかね今日のお話は…まずここを超えないとどうにもならない感じですから

それでは、楽しんで読んでくれると嬉しいと思いますw







  想い疉






執務室で飽きてきた山積みの書の類や緊急性があるとも思われない件等何故目を通さねばならぬのかと嫌気がさしてきた政宗は、小十郎にちらりと視線を向けて、ため息をはく。

まったく窮屈窮まない姿で真面目に仕事をする小十郎に何が楽しのだろうと肩肘を付いて、単調な作業に欠伸がでてきた。

堅苦しいまでの糞真面目な側近に日々尋ねてみたいとその理由が知りたいと思いが、余計なことを聞けば今以上の執務量が増えそうで黙って唸り声をを滲ますのみの政宗だった。

目に見えた小言の数々を、まくし立てるこの小十郎の姿が容易に想像できて面白くない。

「殿、わたくしめの顔を見ている暇があるなら手を動かしてください」
政宗の視線に気づいていた小十郎が厳しい顔で政宗をじっと見つめている。

「なんだ、気づいていたのか」
「そのように見つめられましたら誰でも気づくというものです」
まったく殿はという大仰なため息を付いて小十郎は肩を落とす。

「小十郎」
「はい」
「喉が渇いた」
「…今、お茶をご用意いたします」
「ああ」
こきこきと肩を揺らした政宗が、すっと立ち上がり襖に手をかけた小十郎に一言。

「熱い茶をたのんだぞ」
「?はい」
何故わざわざ念を押すようにいうのだろうと小十郎は首を傾げつつ部屋を出て行った。

「さて、これで暫く追い払えたな」
くくと政宗はしたり顔で腰を上げて執務実から抜け出すことに成功したのだ。

実は態と水瓶を空にしてあるので、小十郎は緯度まで水を汲みにいかなければならない。

それに薪にも細工をしてあり、中中火が点かないのだ。

城中の者たちの目をすり抜け、政宗は中庭に足を向けた。


美しいく整然と庭師達が苦心をして完成させた政宗お気に入りの庭だ。

近くまできたところで、朗々とした歌うような声が聞こえてくる。

よく耳を澄ませば腰を下げ膝を折った姿で小さいけれど美しい声で池の水面を見つめて和歌を読む華姫がいた。

黒い艶やかな髪が風に吹かれて揺れている本当に麗しい姫だと政宗は思う。


姫は歌と共に片手を池の中に触れさせて、波紋を作る。

深い吐息が、政宗には甘く感じて、姫の背中から両手を広げて抱きしめる。

「!!」
「華、何をしておるのだ?」
驚いて転ばぬように政宗は腕に力を入れて姫の項に声を落とす。

「政宗様」
「なんだ?」
振り返ろうと姫がからだの向きを変えようとしても背後からそれを阻止する政宗に姫は困ったように微笑む。

「お仕事は終わられたのですか?」
「………」
「また、小十郎様に内緒で抜け出してきたのですか?」
「……ああ」
「政宗様は困った殿様ですね」
「華…こんな俺は嫌いか?」
常常より姫には小十郎に追いかけられる政宗の姿ばかり見られている気がして、真剣に口説いているのに振り向いてくれない事を少し気にしていたのだ。

「まぁ」
本当に驚いたのだろ姫は目を見開いてお背中越しに政宗の顔を見上げる。

また、政宗らしくない情けない姿を見せてしまったかもしれないと慌てて姫から顔を逸らしてしまう。

「政宗様」
姫は頬を恥ずかしげに赤くしていた政宗の姿が微笑ましくて、可愛い人だと思う。

だから、笑を深くして優しく政宗に話しかける。

「…なんだ」
「政宗は私の事をどう思っていらっしゃいますか?」
「?どうしたんだ」
「お気持ちをお聞きしたくて…はしたない姫ですね?私は…」
「馬鹿なことを言うな、華は優しくて可愛くて聡明で綺麗で…この世の全てより美しい姫だ!」
「///」
そのように真顔で姫に想いのたけをぶつける政宗が姫には好ましくまた凄く恥ずかしかった。

「あ、ありがとうございます…政宗様」
「いや、そのなんだ…このれは本当の俺の気持ちだから…」
「政宗様」
「好きだ華。お前だけだ俺に真実の愛を教えてくれたのは…」
今まで、女遊びを繰り返し本気の恋など知らずふらふらと言い寄る女子を手当たりしだいに食い散らかしてきた政宗が漸く見つけた愛する姫なのだ。

今までのように簡単に手折れる花ではなくて、本気だからこそ大切に真実の姿の政宗を見て欲しくて、ありのままの姿を姫に吐露して見せてきたつもりだ。

嘘や虚栄や偽物の姿を姫に見せてもきっと伝わらないいつも真実だけを曇りなき真澄の瞳で政宗を見つめてくれるだろうと…

飾らない言葉の端々に姫の内面の美しさまた、そのたおやかな美しさが容姿に表れている。

姫を一目見て、政宗を視線だけではなく心まで引き込まれたのだ。

「華…俺はいつまで待てばいい?もっとお前につくせばいいのか?それとも…」
「…政宗様」
「俺の言葉が…心が信じられないのだろうか?」
「いいえ、伝わっておりますよ」
「華?」
「私に勇気がないばかりに…申し訳ありませんでした」
健気だと政宗の姿をずっと見てきた姫は気づいていた届いていたその嘘偽りのない気持ちが…只、素直に応えることができなかった。

政宗様は姫には過ぎたお方だと取り巻く環境や家柄が不釣り合いで、気後れして本心を言えなかったのだ。

でも、政宗の気持ちが心が嬉しくて姫に押し隠していた思いを口に出すことができる。

「私も政宗様をお慕い申し上げております///」
恥ずかしくて姫は驚きに緩んだ腕からくるりと体を反転させ政宗の胸に顔を埋めた。

「本当に?」
「はい///」
「俺のことが…好きなのか?」
「ええ」
「俺は…俺はお前を…」
「?」
「俺だけのものになってくれるのか」
「///」
こくりと頷く姫に政宗は喚起の声をあげる。

「華―ー俺の妻になってくれるんだな」
「///はい、妻にしてくださいませ」
やっと叶った姫の了承に政宗は姫抱き上げくるくると回る。

「華、ありがとう俺はこれほど嬉しいことはないぞ!」
「政宗様」
「婚儀は盛大にしないとなああ、今から華の花嫁姿が待ち通うしいぞ」
「政宗様ったら」
「今から忙しいぞ、婚礼準備を急いで手配しないと」
「ふふ、政宗様」
恥ずかしいそうに微笑む姫の綺麗な微笑みに政宗は会心の笑い声をあげる。

「華、愛してる」
これから何度だって姫に言葉を惜しむことなくて伝えてやる、政宗がどれほどを愛しているのかを

「私も…です」
どこまで答えられるか分からにけど姫も素直に思いを返していきたいと思うのだ。


「殿ーーーーーーーーー」
またもや小十郎が政宗を大声で呼んでいる。

「小細工がーーーーーすぎますぞーーー」
今日は一段と小十郎の形相が怒りに変色している。

「政宗様」
「なんだ、華」
「何をなさったのです?」
「些細なことだ気にするな」
満面笑の政宗をすこぶる上機嫌だ。

姫は仕方がないですねと今日だけは覆お多めに見ることにした。

『小十郎様、すみません』
心の中で詫びながら姫も嬉しい笑顔を政宗に向けたのだった。

「今日という今日はーーー許しませんぞーーーーー」
政宗と姫の二人にはもう何も聞こえない、小十郎の叫び声が祝福の声のように聞こえるのだから始末に負えない。

「幸せになろうな華」
「はい、政宗様」
まだ問題がないわけではないけれどでも、二人の気持ちが強ければ乗り越えていけることだけは間違いない。

「俺は天下を取るぞ」
「政宗様ならからなずできます」
「ああ、俺についてこい華」
「はい、どこまでもついていきます」
盛り上がる二人はそっと口づけを交わすのだった。





 ―了


スポンサーサイト

もくじ  3kaku_s_L.png BLゲーム
もくじ  3kaku_s_L.png 学園ヘヴン
もくじ  3kaku_s_L.png 和希×啓太
もくじ  3kaku_s_L.png 七条×啓太
もくじ  3kaku_s_L.png 西園寺×啓太
もくじ  3kaku_s_L.png Lamento
もくじ  3kaku_s_L.png ライ×コノエ
もくじ  3kaku_s_L.png 悪魔×コノエ
もくじ  3kaku_s_L.png 乙女ゲーム
もくじ  3kaku_s_L.png いざ出陣!恋戦
もくじ  3kaku_s_L.png 伊達政宗
もくじ  3kaku_s_L.png 薄桜鬼
もくじ  3kaku_s_L.png 風間千景×千鶴
もくじ  3kaku_s_L.png 拓磨×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 真弘×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 祐一×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 大蛇×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 翡翠の雫
もくじ  3kaku_s_L.png 晶×珠洲
もくじ  3kaku_s_L.png 克彦×珠洲
もくじ  3kaku_s_L.png 陸×珠洲
もくじ  3kaku_s_L.png 亮司×珠洲
もくじ  3kaku_s_L.png 御子柴×珠洲
もくじ  3kaku_s_L.png 友雅×あかね
もくじ  3kaku_s_L.png 柊×千尋
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png アニメ
【反比例】へ  【春風】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【反比例】へ
  • 【春風】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。